真珠の種類

アコヤ真珠

日本ではもっともポピュラーな真珠です。日本近海に生息するアコヤ貝から採れ、「和玉」ともいわれています。真珠層に厚みがあり、美しく微妙な色合いがあります。アコヤの光沢は真珠でも特に美しいといわれています。色は白、ピンクを帯びたもののほかに、シルバー系のものもあります。サイズは通常六〜七ミリメートロ、大きいものでは十ミリメートロ台があります。「ベピパール」といわれる三〜四ミリメートロ程度のものもあります。アコヤ真珠を使った指輪は大変人気があります。

南洋真珠

オーストラリアのアラフラ海やピルマ、タイなどに生息する白蝶良から採れる真珠を南洋真珠といいます。母貝が大きいので珠のサイズも直径十ミリメートロを越える大きな真珠が採れます。リングなど一粒で存在感を演出するのに最適です。南洋真珠の指輪も大変人気があります。

黒真珠

名のとおり黒い真珠で黒蝶貝から採れます。黒蝶貝はタヒチやフイジー、圏内、では沖縄など暖かい地域に生息しています。希少価値が高く、ピンクがかったものが最高級品とされています。表面を黒く着色しているものもあるので注意が必要です。色が黒い真珠なので特殊な雰囲気を醸し出します。指輪としても人気です。

淡水真珠

淡水真珠の母貝は琵琶湖や中国の湖水に生息するイチョウ貝やカラス貝です。この真珠の特徴は形にあります。フラットな米粒や細長いスティック型、十字のクロス型などさままで、価格も一般的に安価なので、粒をたくさん使った、不ツクレスなどカジュアルな感覚で楽しめます。ピンク色の淡水真珠の指輪は可愛く人気があります。

マベ真珠

マベ貝からできるマべ真珠は半円形、て、虹色のようなまろやかな色合いと光沢をしています。半円形のほかにもハート型、ドロップ型などかわいらしい形がいろいろあり、ペン、ダントやイヤリングにうまく活かされています。サイズは半円のもので十五ミじ川が一般的です。マベ真珠の指輪はゴージャスな雰囲気で人気があります。